プラグマ・インダストリー・ジャパンが目指す姿

私たちは、水素エネルギーを、より身近で扱いやすい「パーソナル電力インフラ」として普及させることを目指します。

様々な災害による広範囲なブラックアウトを経験し、従来の大規模エリア給電に代わる「自立したエネルギー」が求められている今、シンプルで誰にでも扱いやすく、かつ、地球温暖化に歯止めを掛けられる環境に優しいエネルギーが求められています。

私たちは水素エネルギーにその活路を見いだし、「H project(エイチプロジェクト)」と位置づけ、「人に寄り添うエネルギー」として、災害時にもフレキシブルに役立つ、新しい「パーソナル電力インフラ」の構築に取り組みます。

「H project」は
水素が私たちにもたらしてくれる5つの「H」と共に歩みます

H project - 5つの「H」 H project - 5つの「H」

プラグマ・インダストリー・ジャパンの概要

プラグマ・インダストリー社(フランス)の商品販売と同時に、コア技術を活用した新たな商品開発・ソリューション事業を進めて参ります。

また、水素に関する日本の材料技術等との組み合わせを含め、水素・燃料電池の特徴を最大限に生かし、これまでの商品・ソリューションでは実現できなかった価値をご提供しつつ、低炭素社会に貢献することを目指します。

社名 株式会社プラグマ・インダストリー・ジャパン
本社 東京都大田区田園調布
設立 2019年9月20日
体制
  • 代表取締役酒井啓行
  • CTOPierre Forte
    (プラグマ・インダストリー社 CEO)
  • 役員桜井玲子
    (水素技術利活用コンクール「ハイドロジェニー賞」主宰)
    ※「ハイドロジェニー賞」はADEME(フランス環境エネルギー管理庁)及びAphypac(フランス水素燃料電池協会)後援

※水素燃料電池に取組んでおられる大学等と連携予定

プレスリリースはこちら

プラグマ・インダストリー社(フランス)の概要

2004年設立
本社:フランス・ビアリッツ
CEO: Pierre Forte
公式サイト: https://www.pragma-industries.com

ポータブル燃料電池市場のリーディングカンパニーとして研究開発・商品化を行う。

世界初の商用燃料電池アシスト自転車「アルファバイク」はCES2019(アメリカ ラスベガス)にてInnovation Awardsを受賞。2019年8月のG7先進国首脳会議では200台納入し、各国から高い評価を得る。

また、持ち運び出来るモバイル燃料電池はフランス空軍等に納入している。

約1分の水素充填で150キロを走行する燃料電池アシスト自転車「アルファバイク」
環境に配慮した革新的な商品としてCES2019(アメリカ)にてInnovation Awardsを受賞
2019年8月 G7先進国首脳会議において関係者・報道陣の移動モビリティーとして200台を納入
高信頼性&軽量で水素貯蔵タンクが不要とのメリットを評価頂きフランス空軍等に納入